住宅ローン借り換え費用とデメリットは?

住宅ローン金利が最低水準で推移しているので、ここぞ!とばかりに借り換えを検討している人は多いと思います。
確かに借り入れ当時よりも金利が低ければ、1日でも早く低金利な住宅ローンに借り換えることは必然です。
しかし、借り換えるメリットは住宅ローンを抱えている人すべてに恩恵があるとは限りません。
なぜなら、住宅ローンを借り換えると言うことは、新しく住宅ローンを組むということなのです。
そこには不動産登記に必要な税金や印紙代、司法書士への報酬や銀行への手数料、保証会社への手数料や保証金などの初期費用が発生します。
金利が安くなって節約できる金額から、これらの諸費用を差し引いてプラスでなければ借り換える意味がありません。
そんな失敗をしないために、借換えを考えている人は銀行の窓口で借換えの相談して、シュミレーションをすることをお勧めします。