日本経済の現状と今後の金利について

(以下参照)日本の個人資産総額は、1400兆円にもなっています。
また、年金、投資、株などが半分くらいと言う内訳になっています。
この金額を国民一人の金額に直してみましょう。
※一人1100万円と言う金額になります。
※夫婦二人家族で2200万円です。
このようなお金があると言う事になりますよね。
※(注意):この計算には、直ぐ現金化できる金融資産だけで家や土地と言う固定資産は含まれていません。
こんな数字出されると日本はとてもお金持ちで好景気のように感じますよね。
(苦笑)(苦笑)しかし、安心しないでください。
こんなお金を持っている家庭がどれだけあるのでしょう!?これらの個人資産ですが、実は殆どがお年寄りの方が所有していると言います。
ですから、逆にお金を稼いでいる筈の世代で言うと、住宅ローンなど、負債も多いことで平均金融資産は、700万円ほどだと言います。
(汗)これだけあったら、今後の日本経済は明るいような気がしてきますよね。
(笑)日本はこれを活かして利益を出せないでいます。
なぜならゼロ金利政策を取っているからですね。
こうした理由があって、なかなか利益が出せないでいるのです。
それ結果的に、今後の日本経済が不透明な状態になってしまうと言われています。
住宅ローンの審査が通らない原因は?