気になるおまとめローンの金利は?

おまとめローンの金利はもちろん業者によってさまざまではありますが、わたしが調べてみたところですと、最低でも2.5%(大体3%超えてくるところが多い)~最高で18.0%くらいでした。

各個人の返済能力(信用度)や借り入れ金額などによって金利が決まるようです。

信用度はまさにその通りなのですが、借り入れする人物がきちんと完済できるほどの返済能力があるかどうかということで、つまりは収入が高く安定している人ほど信用度が高くなります。

また、過去の返済実績も重要で、延滞などなくきっちり返済できているかどうかも考慮されます。

そして借り入れ金額は、一般的に少ない方が高金利になります。

数万円単位の借り入れについては最高金利での借り入れになる場合が多いので、シミュレーション計算も最高金利でしてみるといいでしょう。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており低金利な上に来店不要という点も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでバラバラな返済日を一括管理することができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は3社までなら安心ですが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので前向きに検討することをおすすめします。

引用:アコムおまとめローン審査は?借り入れの流れ【総量規制は?】